子供のかかとの痛みを防止する会 » 腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療には、大きく分けて保存療法と手術療法があります。腰椎椎間板ヘルニアの痛みを発症して間もない(急性期)という場合には、激痛が起こることがしばしばですが、安静にすることが最もよい保存治療方法です。

その他には、鎮痛剤を内服、あるいは座薬として投与したり、筋弛緩剤、ステロイド剤などを服用する薬物療法があります。

仙骨硬膜外ブロック、選択的神経ブロック、椎間板内ステロイド注射等のブロック注射療法は一時的な痛みの除去に効果的です。また血行をよくすることで自然治癒の効果がかなり期待されます。

コルセットもほとんどの腰椎椎間板ヘルニア患者さんが装着し、腹腔内圧を高めることで体幹を維持することができます。急性期後、慢性期では、我慢できる程度の痛みが多くなるでしょう。

コルセットを装着して動きを制限し、ウオーキングやストレッチ、筋力訓練や水中歩行などの運動によって筋肉を鍛え、幹部のサポート力を正常化させます。

この他には、牽引、温熱、水治などの物理療法も多く用いられます。水中歩行は特に短い時間で効果が期待でき、腰痛への負担は軽いですが、水の抵抗に逆らって歩くことで、筋肉は強化しやすくなります。

排便障害などの馬尾症状に至り、生活もままならないという場合では、手術を検討します。国内では許可されていない科学的椎間板融解術や、日帰り退院が可能なPLDDレーザーなどの新しい方法から、ラブ法や固定術など、様々な方法があります。

具体的に手術適応となるケースは、保存療法を3ヶ月程度行っても腰椎椎間板ヘルニアの痛みや痺れ、そして筋力低下が改善されず、日常生活に支障がある場合、また尿意がわからず、失禁を繰り返すなどの重度の障害が起こった場合などです。

最近では、腰椎椎間板ヘルニアの名医によるセカンドオピニオンを取り入れる方が増えています。特に手術の前には、自分に手術の必要があるかどうか、ベストな手術法を予定しているのか、などの不安がつきものですので、できるだけ検討することがよいでしょう。