子供のかかとの痛みを防止する会 » フットケアと爪切り

フットケアと爪切り

フットケア通信講座の基本は、まず足の健康状態をチェックすることです。また、爪切りの状態が良好でなく、深爪によって巻き爪を起こす前段階にある場合や、水虫のために爪が肥厚してしまっているケースが多くあります。

爪は常に伸びていますので、自分でフットケアをしなければなりません。フットケアのサロンでも巻き爪の処置をしてもらえますが、その後放置してしまえば再発する例も多くあります。

このようなフットケアの基本は、やはり安全性です。隣の指の爪や皮膚、または爪のある指の皮膚まで切ってしまうようだと大変です。まず爪と指の間をできるだけ広げるために、指を人差し指と親指で持ち、爪の下の肉を指で押すようにしてガードします。こうすることで爪切りが入りやすくなります。

切る段階になったら、まず爪切りをゆっくりと差し込みます。そして爪は端から少しずつ切っていきます。しかし爪の端と肉がくっついているような状態であれば、少しずらした位置からでも仕方ありません。

結果、失敗例として多いのが深爪です。つまり爪をあまり短く切りすぎないように注意することも大切です。忙しい方はよく短めに切ってしまう癖をつけてしまいがちですが、やはり自己流ではいけません。爪の先端を指よりも約1ミリ程度長くするのが理想です。

ちょっと長めではないか、と思いがちですが、とにかく深爪は皮膚にも骨にも負担が大きくなります。できればフットケアの専門家に指の状態をチェックしてもらい、爪切りのアドバイスを受けると効果的です。

普通の爪切り、家庭用のものは、ほとんどがノーマルな爪の状態に適しています。しかし、肥厚したものや巻き爪に近いような爪ではニッパーやグラインダーなどのほうが使いやすくなります。

またスクエアオフ、つまり角をちょうどよく丸く残すこともフットケアのポイントです。角を取りすぎると巻き爪になりやすいと言われています。

もちろんこのようなフットケアは明るいところで切るのは大前提です。特に高齢者の場合は、爪と皮膚の境の見分けがつきにくい場合がほとんどです。