子供のかかとの痛みを防止する会 » 頚椎ヘルニアの治療方法

頚椎ヘルニアの治療方法

「どうも最近首周りが痛い」、「手足にしびれがある」などというようなことから病院にかかり、そこで頚椎ヘルニアと診断されたとしましょう。そうなれば、その後治療を受けることになりますよね。

その治療においては、頚椎ヘルニアの症状は、先に述べた手足のしびれや身体の麻痺など、日常生活に影響を及ぼすものも多くあります。そのため、どのような治療が行われるかということが重要となってきます。

そこで、頚椎ヘルニアにおける治療法について、どのような方法が取られているかを説明していきたいと思います。まず、頚椎ヘルニアの治療の大まかな方針についてです。これは脊髄、神経根のどちらが頚椎ヘルニアによって障害を受けているかで変わってきます。

脊髄が障害を受けている場合は、進行性の脊髄症状である手足のしびれや麻痺などがあらわれる、レントゲンなどを用いた検査で、脊髄の圧迫や、浮腫などの明らかなダメージがあれば、頚椎ヘルニアと診断された後、早急に手術が必要となる場合があります。

その手術方法にも、「前方法」と「後方法」の二種類の方法が存在します。前方法は、椎体および椎間板組織を削ることでヘルニアを摘出し、削って開いた空間に自身の骨盤などから採取した骨を移植します。

後方法では、後ろから脊柱管と呼ばれる部位を拡大してやることで、間接的に脊髄を圧迫から解放する方法です。

また、近年では外部に露出した髄核は、吸収あるいは消失する可能性があると考えられるようになってきており、しびれなどの症状に大きな変化が見られない場合は、保存的治療を行い経過観察を行うことが多くなってきています。

その場合、頚椎カラーを用いて頚部を安静状態とし、それに加えて薬物療法を行なっていくことになります。また、保存的治療で頚椎ヘルニアの症状に改善が見られない場合、手術を検討することもあり得ます。