子供のかかとの痛みを防止する会 » すべり症の治療

すべり症の治療

すべり症の治療方法には様々なタイプがあり、またそれぞれのタイプの中にも様々なすべり症があります。保存療法では主に安静、鎮痛剤の投与、コルセット装着、神経ブロックなどを行っていきます。

また、すべり症の症状によっては、骨移植で分離部分を修復するための手術を行うことがあります。その他にも、整体療法やカイロプラクテイック、鍼灸治療などがあります。

保存療法は、すべり症の痛みはあるけれども、それほどのものではなく我慢できる、または安静にしていれば痛みは無い、というようなすべり症の症状の比較的軽い方に適用されます。

鎮痛剤を使用する場合、一般的な鎮痛剤の他に、血液の流れを良くするためのプロスタグランディン製剤を使うこともあります。また足にも痛みが出ているケースではブロック療法を適用します。

すべり症の場合には神経根ブロックと硬膜外ブロックが適用されます。硬膜外ブロックで効き目が無い場合、神経根ブロックをします。コルセットは保存療法でも大事なものと考える方も多く、患部を安静にするためには非常に効果的です。

特にベッドで安静にしている方以外はよく装着を義務つけられます。手術についてはすべり症の症状や程度が同じ場合でそれぞれの生活の仕方などによって適用する、しないに分かれるケースもあります。

忙しく働く方で、痛みが急に出てもなかなか治療をすることができないというような場合はすぐにでも手術をするケースも多いですが、すぐに診療に訪れることが常にできる、という場合は何年もその方法で治療を続ける場合もあります。

つまり保存療法を試して治る可能性もある、という方でも、すぐに手術を受けたい、という場合にはそうできる、ということになります。しかしながら、馬尾障害にまで発展してしまうなどの場合には医師の側から手術を決断する場合が多くなるでしょう。

患者の気持ちが最も大事ですが、やはり医師の的確なアドバイスというものも尊重してバランスを持って決断することが必要でしょう。