子供のかかとの痛みを防止する会 » 腰椎すべり症の原因

腰椎すべり症の原因

腰椎すべり症になる年齢は、中高生などの完全に体が出来上がっていない人がなりうる症状です。なぜかというと、背骨は生まれてすぐは浮いている状態にあり、そこから成長することで、徐々にしっかりと固定していくでしょう。

その人の背の高さに合わせるように構成されていくので、この段階の人は、動きやすいです。

そのような時に、背骨を思いっきり反らしたり、動かしたりすることで背骨が滑るように前もしくは後ろに移動してしまうのがすべり症でしょう。だから、このような症状を出さないようにするためにも、激しく反らさないようにしましょうね。

上記でも説明したように、背骨を反らすことで腰椎すべり症になりやすくなります。そしてこのようなことになる原因がスポーツでしょう。

特にサッカーなどのヘディングなどは状態を反らすので、実は危険ですね。また他にも、日常的にバランスの悪い動作をしたり、座っている時に良くないポーズをしていたりすると腰椎すべり症になることがあります。だから、しっかりとした体勢で過ごしましょう。

ちなみに、猫背がかなりよくありません。コレにより体が曲がって肥満体質になったり、背が伸びなかったりするので注意してくださいね。後地味に悪くなるのが足を組む行為です。

これは背骨をずらしているので、注意しておかないと体全体のバランスが悪くなることがあるので、注意してください。

腰椎すべり症の原因はこのようになっていますが、しっかりと健康的に生活していれば問題無いです。例えば、しっかりと食事をとったり、良い姿勢を保ったりすることで、腰椎すべり症になる確率が下がるでしょう。

だから、しっかりと健康的な生活をしてください。あとは、程よく運動をして健康状態を保てば良いでしょう。運動はいろいろな面で良いのでこれからも適度にしていってください。