子供のかかとの痛みを防止する会 » ストレッチの作用について

ストレッチの作用について

ストレッチは、ジョギングや筋トレなどよりもチャレンジの敷居が低いため、多くの人が簡単に、気軽に始められるため、人気が高いです。しかし、行う人が多い分、ストレッチによって目指すゴールは多様化していると言えるでしょう。

そのため、どんなストレッチには、どのような効果があるのか、と言うことをしっかりと認識した上で、実施される必要があると言えるでしょう。仮に目論見違いだったとしても、無駄になるということはありませんが。

そこで、ここでは簡単ながら、ストレッチや中川式ストレッチングベンチによってもたらされる効果について説明していきたいと思います。まず最初に、ストレッチと聞いてあなたが思い浮かべる効果、怪我の防止についてです。

我々人間は、運動不足になってくると、次第に関節の動く範囲である、可動域が狭まっていきます。これは靭帯や筋肉の伸縮性が失われているということであります。

この状態で急に運動を行うと、筋肉がその負荷に耐えられないので、肉離れや、足首の捻挫を起こす可能性が高くなってしまいます。それを防ぐために、ストレッチは重要なのです。

また、血行の促進効果もあります。基本的にゆっくり呼吸をしながら、じっくりと筋肉を伸ばす行為です。この動作によって酸素の供給が行われます。それによって血行を促進します。

血行が促進されることによって、疲れが早く回復し、さらに冷え性の改善にもなります。美容と健康に注目している方(特に女性)にとっては、有用な効果といえるのではないでしょうか。あるいは、若さを保つ効果もあると言えるでしょう。

人間は歳をとってくると、あちこちの筋力や、骨密度が低下します。そうなりますと、ちょっとした運動でも疲れやすくなり、同時に関節の可動域が狭まっていきます。

そうして、どんどん体が硬くなりことで老化が進んでいきます。しかし、逆に言えば、身体の面で若々しさを保つことが出来れば、老化を防ぐことが可能になると言えます。