子供のかかとの痛みを防止する会 » シックハウス症候群

シックハウス症候群

新築で問題とされているシックハウス症候群があります。これは家を作るとき、接着するときに出るホルムアルデヒドや虫などの対策として使われた防腐剤などから有害部室が発生して行こる家の病気です。

こうなる頭痛やめまいなどが発症します。主にこのシックハウスは車やビルからもなることが多く、それぞれシックカー症候群やシックビル症候群と言われます。

このシックハウス症候群はリフォームをすることでも発生する場合があります。新築などをするよりは少ないですが微量でも発生してしまったら同じ症状がでてきます。

折角綺麗になった部屋を見て感動していたときにシックハウス症候群にかかるととてもテンションが下がります。

一応法律で危ない物質を使わないで建築するという法律ができました。だから今はそれほど発症することが無くなり安心のできる暮らしをすることが出来るようにはなりました。

しかしそれでもシックハウスは起きることが起こります。ダニやカビなどが原因で発症することがあります。日常生活品やカーテン、カーペットなどにダニが入り発症したりカビが付着した衣服などからもシックハウスになりうる成分が出てきたりします。

換気不足で篭った空気を貯めこむことでもシックハウス症候群になる可能性が高くなります。リフォームでシックハウス症候群にならないようにするにはまず、化学物質を使ったものを使わないようにします。

多くは接着剤やペンキなどに入っているので注意してください。次にリフォームする前と後にお掃除をすることです。そのさいちゃんと換気をするのがポイントです。

換気することでホコリ等を外に追い出すことができます。それにリフォーム前だと隅々まで掃除でき、後だとリフォーム時のホコリ等を取ることができます。

これによりかなりの数のダニを掃除することができます。後は衣服や生活用品を清潔にしていけばシックハウス症候群になり難くなります。シックハウスは未然に防ぐことができます。妥協しないでリフォームをしましょう。