子供のかかとの痛みを防止する会 » 脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の原因

腰痛には、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、分離症、すべり症、ギックリ腰などがあります。そのうち、脊柱管狭窄症は加齢によるものが殆どで、他の疾患と似ている点もあります。

では、脊柱管狭窄症とはどういったものなのでしょうか?簡単に言うと、腰部の脊柱管が何かの原因で狭くなり、管の中を通っている神経が圧迫され、腰の痛みや痺れを起こす病気です。

特徴としては、長時間歩く事は無理でも、少し休む事で又歩けるようになる事です。このように休む事で又歩けるようになる為に、自己判断で病院に行かず放置しておくと、改善が難しくなります。

また、主な原因としては二つ考えられます。一つは生まれつき脊柱管が狭い事。(先天性)。二つ目はすべり症など、何らかの要因によって脊柱管が狭くなった事が原因。(後天性)。

しかし、本当の原因は筋肉の老化や運動不足だと言われています。その為、治療方法の一つとして運動療法による、筋力トレーニングやストレッチなどが行われることが多いです。

とにかく少しでも腰に異常を感じたら早めに病院に行くべきです。症状を悪化させてしまうとなかなか治らないのがこの病気の特徴ですので、早め、早めの決断がその後を左右していきます。