子供のかかとの痛みを防止する会 » 頚椎椎間板ヘルニアと再発

頚椎椎間板ヘルニアと再発

頚椎椎間板ヘルニアを改善した場合、特にスポーツ選手やハードな仕事に就いている方が注意しなければならないのが、再発です。

これは再度発症すること、すなわちせっかく治ったヘルニアがまた飛び出してくることです。同じ部位のヘルニアの場合もありますが、7つあるうちのどのヘルニアが飛び出してもおかしくありません。

せっかく手術を受けて辛い症状がやっとのこと治まったのに、また辛い痛みがやってくる、、これではストレスも倍増してしまうに違いありません。

しかしまた、病気にはこのような恐れがあるものが多くあることも事実です。つまり、同じ症状を起こさないためには、多くの方が予防に努めているのです。

腰椎のヘルニアや膝関節症、五十肩などもそうです。頚椎椎間板ヘルニア症状が落ち着き、治ったと思ったら、まずは肩凝りに要注意です。

血行が高まると、根本的な解決により近づけることができます。姿勢の悪化を正すことも大切です。背骨が歪んでいる、猫背気味である、という場合は、まったく根本解決ができていないのと同じです。

再発の例は高齢者ばかりではありませんが、特に高齢者の場合は首の筋肉が弱くなっていますので、頚椎椎間板ヘルニアのリハビリにおける、筋力トレーニングやエクササイズを用いる方が多く、背骨をしっかりと支え、また背骨をまっすぐに保ち、歪みを矯正するためにも、筋肉のサポートは大切です。

直接骨を治すよりも、筋肉から骨にアプローチするようにしたほうがよりソフトに改善させることができます。つまり体への影響も少なく、ほとんど治療というよりも自然な行為であるとも言えます。

再発で苦しんでいる方の多くは病気についての知識が未熟であると言われています。頚椎椎間板ヘルニアといっても骨がちょっと曲がった程度だから、カルシウムを摂っていれば二度と起こらないだろう、というのではあまりにも不足しています。

もちろん仕事の量を減らしているのであればまだいいのですが、仕事が同じ状態では再発の可能性は100パーセントある、という医師も多くあります。