子供のかかとの痛みを防止する会 » 関節リウマチを鍼灸で軽減

関節リウマチを鍼灸で軽減

日本でリウマチで悩む方は数十万人に昇ります。高齢者の方がよくかかる病気ですが、若い方にも多く発症し、またリウマチは若い方のほうが症状も重くなるのが常です。

リウマチは種類が多く、主には関節や骨、筋肉、靭帯、腱などに起こります。また最も多いのは関節に起こるものです。

関節リウマチは女性に多く発症します。40代になると注意信号と言われ、関節の痛みの他には微熱、疲労、関節の腫れなども起こります。

病院での治療については、生物学的薬剤を用いた治療法によって充分にコントロールが可能と言われてます。またリウマチに特化した病院も多くあり、より専門的な集中ケアを受けることも可能です。

この西洋的治療の他に、鍼灸治療をされている方も多くいらっしゃいます。鍼灸ではリウマチ自体を完治させることはできませんが、痛みを充分にコントロールするまで体質を改善することができます。

関節の炎症による痛みを改善し、患者のQOLを向上させることにも役立ちます。痛みのある部位や関節のまわりに鍼を打てば、痛みは徐々に弱まります。

また灸によって温熱をし、自然治癒力を高めます。鍼灸治療を継続すれば、痛みで日常生活すら失いかけていた方も、仕事に復帰できるレベルまで改善する例も少なくありません。

つまり朝に起こる特徴的なこわばりや、関節の変形の改善をするものではなく、QOLの向上によって自然治癒力をどんどんアップさせることができる治療法です。

生活改善のアドバイスも欠かせません。睡眠時間をできるだけ長くとることで治癒力を高め、できるだけ疲れないような習慣を付けることも大切です。

悲観せずに、治療を焦らないようにするためには、リウマチという病気をよく知り、症状によって対処方法を変えることができるようになるのが理想です。

関節リウマチは難病、というイメージが強く残っていますが、そのコントロール法はかなり進歩しています。医師との対話をスムーズにすることで、その力を増強することが大切です。