子供のかかとの痛みを防止する会 » 変形性膝関節症の写真

変形性膝関節症の写真

変形性膝関節症になると、医者は触診を行って膝の症状などを判断することもありますが、やはり一番わかりやすい方法といえば、写真や画像を使っての診断だと思います。

これにはレントゲン写真やMRIなどの手法があり、いずれも通常の診断などに使われています。

レントゲン写真で膝の部分を撮影した場合、関節の隙間の軟骨が摩り減ってなくなっていれば、間隔が狭くなっています。実は、膝の軟骨はレントゲン写真では、透けてみることができないので、骨の部分がどのようになっているのかで判断します。

変形性膝関節症の病気の症状の進度もレントゲン写真で判断します。こちらは、グレードⅠ~グレードⅤまであると言われています。MRIであれば、関節軟骨がはっきりと写しだされますので、どこが摩耗しているのかが、かなりの詳細までわかるようになっています。

また、脚の形にもはっきりとO脚の症状が表れてきます。たいていは内側の軟骨が摩り減っていることが多いので、このようなO脚の症状が見て取れるというわけです。初期にはこの程度であり、痛みもそれほど感じることはないでしょう。

変形性膝関節症の症状が進行していくと関節軟骨がなくなっていきます。そして、O脚もひどくなってきますので、レントゲン写真を撮影するまでもなく、かなり曲がっていることが外見からもわかるようになります。

このときの内側の関節の表面は、変形し表面はギザギザになっていることがあります。そして、脛骨の内側がえぐれ、大腿骨や脛骨とも大きな骨棘ができるようになります。ここまでくると手術が必要になってくるわけです。

変形性膝関節症は、完治する病気ではありませんが、姿勢や脚の使い方に問題があることがありますので、手術よりも日常生活での改善を試みるほうが、変形性膝関節症の治療につながることが多いです。

少しでも膝に痛みを感じたら、変形性膝関節症を疑ってみてもよいでしょう。きちんとした診断を受けてください。