子供のかかとの痛みを防止する会 » ローンについて

ローンについて

今回、中古マンションをリノベーションするにあたり、費用についてどうするか、色々考えていたのですが、新築の際とは異なる為、リノベーションローンについてどのようになるのか調べてみました。最近は大分知られてきた言葉です。

ですが一般にはリフォームと言う方が多かったりします。実際にどのようなことが出来るか気になる方は、リノベーション費用見積比較ナビのような情報サイトで実際のリノベーションの施工例を見てみるとわかりやすいでしょう。

首都圏では、新築と同様に、中古マンションを購入してリノベーション工事を行うという方法が、普通に選択肢の1つとして、取り入れられてきています。また、地方でも古民家リノベーション等が注目されています。

ところが、住宅ローンに関しては、まだまだリノベーションに対応しきれてないのが現状のようです。また、専門の知識をもつ方も、そう多くはないということのようです。

建物を同時に購入する場合、物件にかかる費用だけでなく、リノベーションするための金額も借入することになります。ここでこの借入が住宅ローンとして、できるのかということがポイントとなってくる訳です。

よく耳にするのは、やはり、物件は住宅ローンを利用できるのですが、リノベーション費用はリフォームローンになり、2本のローンを組むパターンです。

こうなると、リフォームローンは、期間も短く、金利も高いものが多いので、支払い額や投資費用もかわってきます。しかしながら、実際は、可能なようなのです。

例えば、4000万借入できたとした場合、物件に3000万、最大1000万を住宅ローンとして、借入することができるということになるのです。

ただし、住宅ローンの基本は、有担保融資である為、不動産の価格とのバランスをみられ、例のような希望どおりのローンの借入ができるとは限らない事もあるようです。

要は、物件の担保価値により、最大借入額から、リノベーションにあてられる費用の割合が、変動するようです。

更に最大借入額に関しても、勤務先や年収、物件の状態や自己資金率、銀行により違いがみられるようです。

まだまだ、まとめて住宅ローンとして、取り扱ってくれる機関は少ないようですが、これから、対応してくれるところが、沢山増えると、もっとリノベーション工事がしやすくなると思います。