子供のかかとの痛みを防止する会 » 脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症の治療

脊柱管狭窄症の治療方法としては、他の腰の病気と似たような方法が多く存在します。故に、新鮮味に欠けますが、治るなら問題ないでしょう。

主に、電気やマッサージなどが一般的です。特にマッサージなどはうまく行けば簡単に治すことが出来るので、痛みなどが軽傷の時などは良いでしょう。

また、脊柱管狭窄症にはリハビリ、お灸などもあるので、自分がやりたい方法をやっていったほうが良いでしょう。ちなみに、お金がかからないで簡単なのが、ストレッチなどの運動系です。

これをすることで、痛みが徐々に引いてきますね。また、ダイエット効果もあるので結構良いでしょう。ただし、痛みがかなり深刻な状態や完全に立てない状態になった場合は、できませんのでしっかりと治療を受けてください。

脊柱管狭窄症の治療のために手術をする場合がありますが、脊柱管狭窄症の場合はあまり手術に頼るのはオススメできませんね。

なぜかというと手術をしたからと言って、100%治るわけでも無いし、90%以上再発することが在るからです。また、医師の知識に脊柱管狭窄症のものが無いことも多くあるので、あまり手術はオススメできません。

もちろん、医師のレベルが上ったり、脊柱管狭窄症の改善が確実できるようになったりすれば良いですが、現在はまだまだ発展途上です。

ちなみに、手術を行なって症状が悪化する場合もあるので、注意してください。もちろん、その逆に確実に治してくれる先生も存在するので、よく調べてください。

脊柱管狭窄症の治療と改善方法は無いわけではありませんが、医師によっては良くないやり方をする場合があります。

厳密にどのようなことをすれば良いかを判断できない医師がいる状態ですが、しっかりと治してくれる医師を見つけることが出来れば、完治することが出来るので、しっかりと治すことができる安心できる人を探してください。