子供のかかとの痛みを防止する会 » 整体とカイロプラクティックの違いについて

整体とカイロプラクティックの違いについて

整体といえばカイロプラクティックとはどう違うのか? と疑問に思われる方は多いようです。また正確には整体にもカイロの技術が活かされている、ということが可能です。

整体は身体の調子を整えるために施術をします。骨格や筋肉のバランスが悪化すると、時間が経つことで様々な病気になりやすく、今では世界中でこの技術が応用されています。

またカイロもアメリカでは伝統医療の1つですが、世界中で正式に国家資格として認められていますし、日本でも制度を模索している状態と言われています。

また日本ではこの2つの技術の違い、という点で明確な定義はありません。整体が発展する上でとても重要な役割を担っているのですが、やはり正式な医療行為として認められていない分、その知識にも違いがありますし、無資格で治療ができることの影響も大きいと言えます。

アメリカにはカイロプラクティック大学があります。4年間の勉強をして、正式な単位を取得すればカイロプラクターとして活躍することができますが、日本ではまだ正式な医療行為としては認められていません。

このことから、国内でもこの技術を支持する方も多くいらっしゃいます。しかしカイロを法制化する国はあっても、国際的な資格はありません。また日本にはこの技術を管轄する機関も法律もありません。

現在、接骨や按摩、鍼灸などに通っても高い効果が得られなかった、という方の多くが通院されています。

しかし日本には資格を信仰する傾向が強く根付いていますので、接骨や按摩、鍼灸だけを信仰してしまうという方も多くいらっしゃいます。

またこれらの施術院では新しい技術をうまく取り入れて治療をしているところもあれば、現状商売敵ということでその効果を疑問視するようなことを言う所も少なくありません。

このように複雑な入り組み方をしているのが現在の環境であると言えます。しかし腕のいい整体院、カイロ院はどんどん増えていく傾向にあるのも事実です。

頚椎ヘルニアの症状でお困りの方はこちら