子供のかかとの痛みを防止する会 » 鍼灸で不妊を改善する

鍼灸で不妊を改善する

最近は約3組に1つのカップルが妊娠できずに悩んでいると言われています。また男女で婦人科を頼るケースも多くありますが、西洋医学の領域では治せない場合もあります。

そんな時には鍼灸治療がお勧めです。長い間プレッシャーに囲まれてしまうと、ストレスもたまりがちです。

また婦人科を渡り歩くだけではやはり気が遠くなるようにも感じてしまい、だんだんと妊娠に対する希望も薄くなってきがちです。肉体的にも、また精神的にも疲れてしまったような方にも鍼灸は勧めです。

不妊を治すためには、まずホルモンのバランスを改善することが大切です。これによって妊娠しやすい身体に変化させることが可能です。また卵巣機能の向上をすることで質の高い卵子を育て、子宮の血行を促進することで受精卵が着床しやすくなります。

排卵誘発剤などを使用すると、どうしても卵巣の機能が低下しがちです。またストレスの緩和にも効果がありますし、腹部や臀部、そして足などの冷え性の改善にも効果があります。

身体の気、血、水、それぞれの流れを整えれば、基礎体温の波が明確に出るようになり、月経の周期も28日にほぼ安定化します。

投薬無しで自然に妊娠したい、人工授精や体外受精を受けている方で、着床率を高めたい、卵管や子宮内膜の異常があって、病院で治療を受けている、卵巣腫瘍や子宮内膜症を手術で克服してから妊娠ができなくなった、などの方にも鍼灸治療はお勧めです。

また鍼灸と共によくもちいられるのが漢方治療です。ツボの代用としてたくさんの生薬から最適なものを選び出し、調合します。鍼灸治療も漢方薬も、女性にとってはとても心強い見方です。

鍼灸に漢方を併用することで、治療効果が高まり、その安定性も増してきます。もちろん男性の責任もあります。健康的な精子を作り出すためにも、男性にも鍼灸や漢方での治療はお勧めです。

多くの治療院では予約をすることで同時に治療を受けることができる場合があります。