子供のかかとの痛みを防止する会 » コレステロールと食品

コレステロールと食品

コレステロールというと、健康を阻害する肥満の原因、とイメージされる方は多いと思います。しかし、実はこの成分は、丈夫な細胞壁やホルモンなどを生成する、健康に不可欠な成分です。

ではなぜこれだけ健康にとってよくないと言われているのか、それは、良いコレステロールと悪いコレステロールが存在し、後者をできるだけ排除することが、健康のために役立つからです。

悪い方の成分であるリポ蛋白は、増えすぎると血管の壁に付着し、固まりを作り健康を害してしまいます。またこの状態が長期間続くことは、心臓病や動脈硬化のリスクが次第に高まっていくことを意味します。

健康を保ち、コレステロールを減らすにはどうすればよいか。これにはまずコレステロールを過度に生成しないように生活を健康的に変えることが大切と言えます。

食べすぎや飲みすぎを控えることはもちろん、仕事で疲れたらよくクールダウンさせ、翌日まで疲れを持ち越さないように、健康に気を使うことが大切です。

健康食品でこういった健康を害する成分を退治しようとする方はとても多く、最も代表的なものがサプリメントです。忙しい方、独身男性などにはサプリメントがうってつけと言えますが、できれば普通の食材から採る方が健康には良いです。

最近のサプリメントはマルチビタミンなどを初め、実に豊富な栄養素が入っているものが多く、中には健康に良くない、採ってはいけないものが含まれていた、というケースも多いようです。

また、食物繊維はコレステロールを直接排泄することに寄与します。この場合は水溶性のものに限定されますが、オクラ、山芋や昆布、わかめ、こんにゃく、りんごの皮などはコレステロール値の改善には特に役に立つようです。

大豆に多く含まれているレシチンには、その乳化作用によってコレステロールを分解し、血管壁に沈着した成分を取り健康に近づける作用があります。

その他に善玉コレステロールを増やす働きもあります。また枝豆などを食べると血がサラサラになって健康な感じがしますが、中性脂肪の排泄を促す働きもあるようです。