子供のかかとの痛みを防止する会 » 変形性膝関節症を画像で見ると

変形性膝関節症を画像で見ると

脚の病気は激しい運動を繰り返している人やお年寄りの方には非常に馴染みのある病気の一つなのではないでしょうか。その中でも変形性膝関節症は老化と共にその病気が起こる確率が上昇していく病気です。果たしてこの変形性膝関節症とはいったいどういった病気なのでしょうか。


変形性膝関節症は老化とともに膝関節の軟骨の弾力性が失われていき、膝関節にかかる体重の負荷が大きくなることにより、脚が曲がったり関節に痛みが走るようになる病気です。

具体的に脚がどんな状態になるのか分からないという人は、変形性膝関節症の名医に相談すれば、治療中の画像を見ることが出来ることもあります。最近は病院内の撮影機材を数を増やしており、従来のレントゲンはもちろんのこと、CTやMRIなどが用いられるようになっています。

変形性膝関節症の場合は骨に症状が出ますので、撮影にはほとんどがレントゲンを用いることになります。変形性膝関節症の画像は個人や医療機関が資料としてインターネットを通して公開しており、簡単に見ることが出来ます。

レントゲン写真で見ると変形性膝関節症を発症している膝関節の骨と骨との隙間が狭くなっています。軟骨はレントゲンでは移らないので隙間が狭くなっているということは骨と骨との間にあるはずの軟骨が削れて薄くなってしまっているということです。

さらに症状が進んだ場合は骨と骨とがぶつかることによって骨が削れていって棘状の部分が形成されます。

これを骨棘といい、骨棘が出来るような状態になると骨と骨とが歩いたりするたびに直接ぶつかることになり非常に激しい痛みが常に襲うようになるため日常生活を送ることすら困難になります。

変形性膝関節症になったとしてもすぐにこの状態になるわけではありませんが、早めにこうした異常を発見して治療に入ることが出来れば悪化を食い止めることも出来ますので、膝の違和感を見つけた時はすぐに医療機関で検査してもらいましょう。