子供のかかとの痛みを防止する会 » ストレッチと食事について

ストレッチと食事について

エクササイズの効果を上げるためには、そのための効果的な食事を摂ることも大切です。動物性脂肪が少ないもの、魚や、野菜と果物などを多く摂り、好みの間食もできるだけ避けるようにすると、柔軟性アップに効果があります。

特にダイエットのためのストレッチでは、よく食べながら痩せることができる、などの売り込み文句を聞くこともありますが、過剰に食べていたのでは効果はありませんし、あまり偏りが激しい場合も基本的には痩せにくいということになります。

また始めのうちは食べながらダイエットしてもしょうがありませんが、徐々に制限していくのが理想的なダイエットの方法と言えます。

またストレッチを行う場合、それぞれのタイミングを考えながら用いていくことも大切です。例えば食事を摂る前に行うと、後に行うよりも効果がアップします。

つまり、朝起きてから簡単なストレッチをすることで、脂肪の燃焼の仕方も変わってきますし、身体を動かして目覚めさせることによって、栄養分の吸収率もアップしてきます。

日本人は朝起きると食事の準備をしたり、掃除などをする習慣を持っていましたが、現代社会では寝起きで箸を手に持つ方がとても多く、会社に出る前の習慣としてはなかなか治すことはできません。

単純な習慣ですが、長く続けていけばそのうちに素晴らしい効果があることに気付く可能性も大です。

また、最近は食べ物が味がわからない状態、つまり味覚障害になる方が増えていると言われていますが、このような場合にも対応できます。食事の前に、舌ストレッチをする、という方も多くいらっしゃいます。

舌を鼻の先っぽに付けるよな感じで出してから5秒ほど静止した後、舌で頬の内側を強く押します。また舌を引っ込めたり、伸ばすという運動を5回ほど繰りかえすと、料理の内容が普段より1グレードアップしたように感じられます。