子供のかかとの痛みを防止する会 » 地震対策を考える

地震対策を考える

リノベーションの動機や理由は実は意外なものかもしれません。収納スペースが無くなってきたので他の修繕も含め、大規模なリノベーションを、考えているという方は多いと思います。

しかし、ふと気付くとこのような不便ならば簡単なリフォームで済ませているはずの自分を発見、実は地震の恐怖を身に覚えていた、テレビで地震のニュースを見過ぎていた、などのことがあるかもしれません。

つまりは地震対策をきちんとすることによって、無理なリノベーションも回避できるということではないでしょうか。
地震は体験してみないことにはなかなか住宅内部での詳細な被害状況というものはわかりずらいものですが、対策の仕方としては様々な情報源があることでしょう。

あらゆるものが危険をもたらすものに変貌する可能性があるのが大きな地震ですが、DIYレベルでも可能な地震対策もあるようです。大きな家具や家電はやはりしっかりと固定しておくことがよいでしょう。

ホームセンターなどで売られている、転倒防止用のツールを備え付けるだけでも万全な対策ではないでしょうか。

ただし重いものが多く、体に落ちてきたり倒れてきたりしたら致命傷となるケースもありますので、出来るだけしっかりと固定することを心がけることが大事でしょう。

また、固定する先の壁や天井というものがしっかりした耐性を持っているかもチェックすべきでしょう。

また、日ごろからそのようなものの近くに座ってくつろいだり、または寝たりすることもできるだけ避けるべきと思います。

地震で怖いものは大きな重量のあるようなものばかりではありません。ガラス類、はさみなどのツール類も大変危険です。

収納用の場所からとんでもないところまで飛んでいた、などのことも多いのが巨大地震ですので、磁石などで簡単にとめて置くようなものから、もっと頑丈な留め具などに交換したほうが良いでしょう。

外へ非難するためには廊下などを通りますが、その廊下に危険なものをおく事は非難を遅くしてしまいますので、できれば充分なスペースのみを確保しておけばいいでしょう。