子供のかかとの痛みを防止する会 » 五十肩の原因

四十肩・五十肩

五十肩の原因

40代から50代の方の体の症状としてよく効くのが五十肩です。五十肩ってどうしてなるのだろうと思う方多いと思います。残念なことに五十肩の本当の原因というのは、いまだ解明されていません。

しかし、五十肩になる方の共通点がいくつかあるので今回紹介していきます。

まずは、腕を上に上げる姿勢を長くする仕事をされる方が多いです。五十肩になる方の多くがこれが原因ともいえます。たとえば、植木職人や電気職人さんなどです。

同じ姿勢でいることで血流の流れも悪くなりいためてしまうみたいです。私の知人に電気職人さんがいますが、その方も数年前に五十肩になりました。

痛いんだといいながらも仕事が忙しくなかなか病院で治療が出来ないでいたところ腕が完全に上がらなくなり朝、布団から起き上がれなかったそうです。急いで病院にいくと五十肩の治療もしないで無理をしたのが原因で腱が切れてしまったそうです。緊急で手術をすることまでになりました。

たかが五十肩と思っている方もいると思いますが、放置していると大変なことになるので早めに診察を受けた方がいいです。

そして、もうひとつの原因として打ち身や打撲などが原因で起こる場合もあります。打ち所が悪く腕が上がらない症状になり五十肩などと診断される場合があります。これは、40代から50代と体の潤滑機能が薄れていく世代の方が多いです。

そして、その年代に多くなることから五十肩といわれています。寝違いから筋をを違えてなってしまう場合もあります。症状も軽度から重度まで個人差もあるので出来るだけ早めに治療をお勧めします。

まだまだ、原因が解明できていない五十肩なので良く間違った対処などをする方が多いです。病院にいっていればお医者様の診断が間違いありませんが、家での自己対処で間違える方がいます。まず、痛みを感じた場合、シップで冷やそうとしますが、冷たいシップを張ることで血行の流れをさらに悪くしてしまうので絶対冷やさないでください。

正しい対処は、暖めるです。温シップや蒸しタオルなどで暖めることで血行が良くなり痛みが和らぎます。そして、肩が動かなくならないようにと無理にストレッチなどもやめてください。無理に動かすことで余計に筋肉や腱、筋を痛めてしまう可能性もあるので出来るだけ安静にすることが大切です。