子供のかかとの痛みを防止する会 » ブロック注射と神経について

ブロック注射と神経について

ブロック注射とは、痛みを脳に伝える働きをブロック、つまり遮断してしまうための注射をします。ではどのように遮断するのかといえば、痛みの伝達に関係している部分の神経、知覚、交感、運動などを抑えてしまうのです。

このうちで知覚に関わる部分は、興奮することで痛みの情報を脳に伝達する部分です。ここを抑えれば、脳に痛みが伝達されなくなります。痛みの原因やその程度などによっては、この部分だけをブロックする場合もあります。

また交感、運動の部分については、興奮すると血管や筋肉の収縮によって血行が低下し、痛みが助長されますので、血行を高めて筋肉の緊張を和らげるために用いられます。

ペインクリニックでブロック注射をする場合も知覚や自律の神経に対してがほとんどです。知覚部分をブロックすることで、麻酔がかかってしびれたような感覚をもたらします。

この方法では、痛みの感覚を麻痺させることの他に、血行の循環を改善して、腰痛や頚椎ヘルニアの症状の悪循環をより効果的に断ち切る、という働きがあるのです。

つまり血行をよくするということは、患部に対してそれだけ栄養分が多く運ばれることになりますので、それだけ患部の治癒力をアップさせることにもつながります。また運動部分をブロックするものでは、筋肉の弛緩と痙攣を抑制することで、力がある程度入らなくなります。

このようにブロック注射では局所麻酔薬の濃度や量などを調整することで、様々な部位のブロックが可能です。ブロック注射は、可逆的に作用します。

また繊維や細胞に対して損傷を与えることなく、後に機能全般が異常なく回復することができますので、他の治療法に比べて、かなり安全性が高いと言われています。

例えばペインクリニックでもっとも多く用いられるのが星状神経節ブロック注射ですが、とても多くの種類の疾患に応用ができ、血行の増加や自律神経の調整、免疫力の増加などの効果にも優れています。