[PR]


子供のかかとの痛みの原因

学校や公園から子供たちの楽しそうな声が聞こえて来ます。サッカーや野球などのスポーツに汗を流し、友達と楽しく過ごしているでしょう。元気に走りまわっているイメージの子供たちですが最近ではかかとの痛みを訴える子供が増えています。

子供たちの体に何が起こっているのでしょう。子供のかかとの痛みを防止する会では原因や対処法、予防法などをお伝えしています。これから成長していく子供たちにとって歩いたり走ったりする事は筋肉や骨を強くするのには不可欠な事です。

しかし子供が痛いとを訴えてきたら、お母さんや周りの大人たちは心配をします。原因を知って治してあげたいと思いますね。現代の生活環境は昔と違い、子供たちが遊ぶ場所の地面は柔らかい土ではなく硬いアスファルトの場所が多くなっています。

その生活環境も子供のかかとを痛めてしまう原因となります。ですが、全ての子供が症状を訴えるわけではありません。訴える子供と訴えない子供を比べると歩き方に大きな違いがみられます。

症状を訴える子供の多くは足の指をあげて歩いています。これを浮き指といいます。足を付く時に地面にかかとはついているのですが指はついていないのです。地面につかないという事は指の付け根とかかとだけに体重がかかっているということです。

地面に正しく着地が出来ていないと、かかとが痛くなる原因になるのです。元々人は足の指と付け根、そしてかかとの3点で体重を支えて歩いていたのですがそれが2点だけにかかってしまう事でかかとに痛みが生じるのです。重心はかかとへかかっています。

そもそも足を着く時にかかとには大きな負担がかかっているのですが歩行の際に正しい着地をしていることで足にかかる力はうまく分散されていました。

ところがその力の分散がうまく行われない為に本来ならかかる力の70パーセントの衝撃を受け止めていたかかとは浮き指になってしまっている為に90パーセントもの衝撃を、日々受けてしまうのです。

成長の途中にある子供たちがそのままの歩き方で大人になるのでは体に良い訳がありません。子供が痛さや異常を訴えたら、親や周りの大人たちがサポートをして歩きかたの改善を促してあげましょう。

フットケアの第一人者である笠原先生は上記の理論を世の中に発表し、その理論に基づいた施術を行っています。また浮き指にならないようにサポートをするグッズを開発されて多くの患者さんの悩みを解決しています。

子供がかかとの異常を訴えて歩く方法を改善しようとしてもすぐには上手くいきません。長年、身についてしまった原因になっている歩き方を治すには大変な努力が必要です。

そこで笠原先生は誰でも簡単に足の指が浮く歩き方を改善できるテーピングを開発しました。このテーピングを装着する事により足の指が下に下がり地面に着くようになります。

原因であった悪い習慣も改善されて本来の正しい歩きかたが出来るようになるのです。もっと簡単にこのテーピング方法を実践できるテーピング靴下も開発しました。このテーピング靴下を履くだけで原因が改善されるのです。

また足の裏を刺激して踏ん張れるようにするインソールも開発しています。笠原先生の推奨する足の指をグーパーと開いたり閉じたりする運動も並行して行います。

症状を訴える子供たちにこのグーパー運動を教えて鍛える事で徐々に歩きかたは改善されていきます。指に力を入れてグーパー運動をする事で今まで使っていなかった足の指にも力が入るようになり、正しい歩き方が出来るようになります。

かかとの痛みを訴えていた子供の痛みも緩和されて理想の着地が出来るようになります。正しくない歩行をしていると外反母趾など他の症状を引き起こしてしまいます。

また正しい歩行方法をしていない事が原因で体全体のバランスが崩れてしまいます。子供でも肩こりや腰痛、首の痛みなどの他の部分にまで影響があり更に痛みを引き起こす原因になってしまいます。

子供のころから笠原先生の推奨する正しい歩き方を身に着けていれば大人になった時に健康的な体を手に入れる事が出来ます。子供だけではなく大人にもこの笠原先生の理論は当てはまります。

足の悩みを抱えている子供を持つ方や自分も悩みがあるという人は是非、笠原先生の考えを実践して原因をであった癖や悩みを改善しましょう。

痛みを訴えていた子供たちが正しい歩きかたを覚えて痛みのなくなった子供たちが元気に走り回る姿が目に浮かびます。


お薦めサイト一覧

椎間板ヘルニアで悩んでいる方は椎間板ヘルニア手術ナビをご覧ください。

ブロック注射を詳しく知りたい方はブロック注射の総合サイトをご覧ください。

リノベーション費用見積比較ナビの情報サイトはこちらです。

コーギーの飼い方で悩んでいる方はコーギー専門サイトをご覧ください。

新着情報